生活の溶け込んだモダニズム。
「夙川モダニズム建築探訪」  
〜夙川カトリック協会・旧山本家住宅・浦邸を行く〜

エリア:
夙川・苦楽園・甲陽園
予約方法:
先着
夙川のモダニズム建築を、建築史家の倉方俊輔氏と巡ります。
当時のゆとりある階層の生活が随所に感じられる和洋折衷様式の旧山本家住宅。日本庭園をのぞむ茶室も優雅です。そのお向かいに建つのは浦邸。
この邸宅は、フランス留学でル・コルビュジエのアトリエで研鑽(けんさん)を積んだ建築家・吉阪隆正が設計しました。愛情あふれるファサードは見る人の心を和ませます。
今回はまちたびだけの特別に、ヨーロッパの住宅様式が感じられる内観を家主の浦環氏の案内で拝見させていただきます。
その後、夙川のシンボル的な存在、夙川カトリック教会へ。小説家の遠藤周氏も幼い頃に通ったこちらの教会は、関東大震災の後に建築されています。正面のステンドグラスの美しさは比類なきものです。
こちらでは大聖堂、地下パネル展示、カリヨンについての解説を聞きながら見学します。

詳細情報

 
商品番号 03
プログラム名 生活の溶け込んだモダニズム。
「夙川モダニズム建築探訪」  
〜夙川カトリック協会・旧山本家住宅・浦邸を行く〜
講師 建築史家・大阪公立大学 教授
倉方俊輔さん
開催期間 2023/02/06
開催時間 10:00 ~ 13:00
参加費 4,000円(入館料込み)
<傷害保険料・消費税含む>
申込締切日 2023/2/5(日)12:00
集合場所 阪急電鉄「夙川駅」南改札口【構内図
会場 浦邸、旧山本家住宅、
カトリック夙川教会
当日の服装(ドレスコード) カジュアル
(履きなれた、脱ぎ履きしやすい靴でお越しください)
定員(最少/最大) 12名/20名
 
※カトリック夙川教会は、新型コロナウイルスの感染拡大状況等によって見学の受け入れを中止する場合がございます。
見学中止の場合、参加費の返金はいたしかねますので、ご了承ください。

※12月22日(木)配信メルマガ内の日程に誤りがございました。
正しくは、2023年2月6日(月)です。
ご確認の上、お申込みいただきますようよろしくお願いいたします。

※写真は、イメージです。


当日のスケジュール

10:00 集合 阪急電鉄夙川駅 南改札口
  (1) 受付・ガイダンス
  (2) 建築史家・大阪市立大学 教授 倉方俊輔さんをご紹介
    ・・・徒歩移動(約10分)・・・
  (3) 浦邸
    邸宅のご主人をご紹介。
特別にご見学&ご案内いたします。
    ・・・徒歩移動(約2分)・・・
  (4) 旧山本家住宅
    和室にて休憩もおとりいただきます。
    ・・・徒歩移動(約13分)・・・
  (5) カトリック夙川教会
    日本最古のカリヨンへもご案内いたします。
13:00 解散 解散 カトリック夙川教会にて解散

※スケジュールは、変更となる場合がございます。
※添乗員なし:現地係員が対応します。
※児童、およびペットの同伴は不可

注意事項

雨天時の実施について

雨天決行 雨具をご持参ください。

キャンセル条件について

  • 開催日の14日前~4日前でのキャンセルにつき30%
  • 開催日の3日前~当日のキャンセルまたは無連絡不参加の場合100%
※お電話でのキャンセルは当事務局の営業日、営業時間内にお客様がお申し出いただいた日を基準とします。
営業時間 平日9:30~18:00
※メール、FAXでのキャンセルのお申し出は受け付けておりません。
お電話、または当サイトよりログインの上、キャンセルを行ってください。

感染症対策について
※受付にて検温(レーザー型)の実施を行います。
37.0度以上の発熱がある方はご参加いただけません。あらかじめご了承ください。)
※手指の消毒にご協力をお願いいたします。
※イベント中はマスク類の着用をお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、
 中止とさせていただく場合がございます。