金・土曜恒例企画
看板のない自転車修理屋

エリア:
夙川・苦楽園・甲陽園
予約方法:
その他
苦楽園口駅から線路沿いを北へ歩くこと1分。
アンティークや古道具が所狭しと並ぶ「古道具と喫茶とごはん Kica(キカ)」の店先には、金・土曜になると修理を待つ自転車が続々と集まります。

修理作業を行うのは、山田典寿さん。
自転車店が一軒もない街 苦楽園で「僅かながら人々のお役にたてれば…」と、週二日だけKicaの軒先で看板を掲げるようになりました。

「自転車を家族の一員のように思っている人がいかに多いかを修理作業を通じて実感しています。
どの自転車にも物語がある。共に暮らす一台が、単なる移動のための手段を超え、唯一無二の『相棒』になることを願って。
金曜と土曜だけ、僕は看板を掲げます」。

修理を待つ間、カフェの料理に舌鼓を打つもよし、店内で買い物を楽しむもよし、山田さんと自転車談義に花を咲かせるもよし。
金曜と土曜に出現するちょっと風変わりな自転車修理屋さんと、相棒の自転車との物語を作っていくのも楽しみですね。

詳細情報

 
商品番号 52
プログラム名 金・土曜恒例企画
看板のない自転車修理屋
開催時間 金曜…13:00〜23:00(受付は22:30まで)
土曜…13:00〜17:30(受付は17:00まで)
参加費 パンク修理1,000円〜(修理内容により異なります)
申込締切日 なし
集合場所 Kica
西宮市石刎町3-14
TEL:0798-76-5339
会場 Kica
定員(最少/最大) 先着順
詳細はfacebookページをご覧ください
https://www.facebook.com/kanbannonaijitenshashuriya/

※写真は、イメージです。


当日のスケジュール

開催事業者へお問合せください。

注意事項

雨天時の実施について

開催事業者へお問合せください。

キャンセル条件について

開催事業者へお問合せください。